お皿

お鉢
カップ、ポット
ステンレス・橋置き・花器など

いろいろ
焼締め
日野椀(漆器)
木の作品

ガラスの器

長谷園の土鍋

京都のお茶


梱包について

器の扱い方
初めての方は必ず
目を通してくださいませ。
お買い物方法等


::器の扱い方:

デリケートなイメージの強い陶器の器ですが、代々信楽焼を使い続けている信楽の人々は、
とても気軽に使っています。
とはいえ、綺麗なまま長持ちさせたい方は、ちょっと一手間、をお願い致します。

・・・使い始め・・・
器が届きましたら、まず、普通に洗ってくださいね。「煮沸」による目止めをリクエストされる作家さんは、
いらっしゃいません。煮沸はお避け下さい。
撥水剤を施されている器は、「煮出し」すると、効力が落ちます。撥水加工されている器かどうかは、器に
添付するメモをご覧ください。(水で濡らした時、器が水を弾いていれば、撥水剤がかかっています)
撥水加工されていない器は、10〜30分ほど、水に漬けた後、お使いいただくことをお薦めいたします。

高台部分や口部分、ざらざらする感じが気になるようでしたら、「紙やすり」でこすってみてください。


・・・使い終わり・・・
とにかくしっかり乾かしてください。カビが発生して、台無しになってしまいます。
食洗器も大丈夫です。(焼締めの作品は、手洗いしています。器がよく水を吸うので、汚れた水を吸わせ
ないほうがいいかなーーと思うのです)
ただ、食洗器のなかで、他のものとぶつかって欠けたりしないよう、注意を払ってくださいませ。
また、高台部分に水が溜まって、よく乾いていないときもありますので、気をつけてください。

・・・注意事項・・・
粉引きの器は、育てる器と言います。釉薬の特性上、染みになりやすい器です。撥水加工されている器
でも、水は弾いても油染みが付いてしまうことがあります。不安な器は、手加減しながらお使い頂き、使い
終わったら、漬け置きせず、早めに手洗いされることをお勧めいたします。
それでも、シミが出たり、色目が濃くなってきたりと、変化があります。変化を楽しむつもりでお付き合いい
ただけますよう、お願いいたします。

撥水剤をご利用の作家さんもいらっしゃいます。水を弾いているようでしたら、汚れ防止の効果がありま
す。が、何度も使っていると、撥水加工の威力が薄れます。
効果が薄れてきたな、或いは、真っ白な器、油モノに使用する場合など、シミが心配な方は、使う前にド
ボンと水に漬け、軽く拭いてからお使いください。
あらかじめ陶器に水を吸わせることで、シミを防ぎます。
いろいろな飲み物に使うカップも、事前に水を吸わせてから使うと、匂いが付きにくくなります。

茶渋などの跡は、漂白するか、目の細かい「よく落ちる」というスポンジなどで処理することができます。
圧力鍋や、蒸し器などにも使えますが、この場合は、料理中にうんと水を吸っていますので、
使用後は気合を入れて乾かしてください。

電子レンジの使用ですが、絶対大丈夫とも言いがたいのかもしれませんが、軽く温めなおしに使う分には
ほぼ大丈夫だと思っております。ただ、長めに掛ける場合は、劣化につながることもあります。
また、油ものを乗せてチンすると、油がしみ込んでしまう恐れもあります。
徐々に加減しながらお使いください。

オーブンの使用は、危険です。割れなくても、汚れは染み込みやすくなります。
使っても平気な器も多いのですが、、耐熱の器以外のオーブン使用は万全です!とは言えません。
徐々にお試し下さいー。

粉引きの器は、水に漬けたとき、灰色のぼわ〜っとしたドットが現れることがあります。
これは、水染みですので、乾けば消えます。

器たちは、それぞれ個体差があります。
貫入の現れ方も違いますし、まったく汚れない器もあれば、プツプツとした表面の小さな針の穴の
ようなところが変色したり、ぼんやりとしたシミが広がる器もあります。
これも土物の楽しさとお考え頂き、お付き合いくださいませ。


・・・余談・・・
作家さんのお家で、20年、食卓で働き続けているという粉引きの器を拝見しました。
点々とシミができているのですが、「これが好きで、これを売って欲しいと頼まれることもある」
そうです。
また、貫入部分の色が年々変化していくさまが好きな方もいらっしゃるようです。
磁器にはない、陶器だけのお楽しみです。

焼締めの器は、使いにくいという印象をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、意外に平気なもの
です。陶器の素晴らしいところは、芸術品でありながら、日常に使えるということです。
グリーンをあしらってから料理を盛れば、更に安心ですし、気軽に使ってみてくださいね。

日常品作りを心がけている作家さんの器たちは、料理を本当に上手に引き立ててくれます。
花器たちは、草一本活けるだけでも、素敵に変身します。
どんどん使って、たのしんでくださいね。
                          
                                             

梱包について:

無事に届けることを第一に考えて梱包いたします。
届いたときに気持ちが良いように、無地のダンボール箱を主として使っておりますが、
器によっては、規定の箱に入りづらいものもあります。その場合、必死で箱を探しますーー。
時として、「?」と思うようなスーパーで見かける箱で届くこともありますーー。
どうぞ、どうぞ、ご了承下さいませ。

Giftラッピング、承ります
箱代などが必要となりますので、¥300程度を別途頂戴いたします。
メッセージカードなど、当方までお送りいただけば、同封もいたします。
          


木箱のご用意もできます
ご希望により、その都度、あつらえます。
作家さんによって扱う木箱の種類、値段、必要日数が異なります。
          

その他、ご要望などございましたら、まずは気軽のお問い合わせ下さい。
引き出物や内祝いなど、たくさんの数が必要な場合、作家さんに直接ご連絡いただけるよう、
取り計らいます。