ショップ         Shop  Artist  Shigaraki Link

      

        
信楽の街

京都、奈良についで3番目に国宝が多く存在する滋賀県。
琵琶湖を中心に周りを鈴鹿山、比叡山、伊吹山に囲まれ、美しい自然と深い歴史を堪能でき
ます。面積670.25kuの琵琶湖は悠大で、いつも穏やかに輝いています。

その滋賀県の南端に位置するのが甲賀市。
甲賀流忍者発祥の地です。(市内には当時のままの姿を残す忍者屋敷や忍術体験のできる
忍術村も。)
そのなかに信楽町があります。
甲賀市内でもっとも気温が低いと噂される高原地帯です。陶器作り最適な土だけでなく、欠か
せない松の木が豊富です。

また、信楽の朝宮地区では、全国五大銘茶に名を連ねている朝宮茶の栽培が盛んです。朝
宮茶は、緑茶の最高峰として歴代天皇にも献上されていたそうです。
そのとき、使われた信楽の土で作られた茶壷は、通気性があり茶葉を保存するのに最適で、
信楽の陶器はお茶とともに発達したとも言われています。

忍者屋敷

MIHO Museum

古信楽

緑のトンネル

信楽焼の歴史

742年、聖武天皇は信楽に宮都「紫香楽宮」の造営を始め、大仏建立も予定されていました。しかし、災害が続き、すぐに都は平城京へ移り、「紫香楽
宮」は、わずか4年間の都となりました。(現在の「紫香楽駅」近くに跡地があります)
このとき、信楽の街で、屋根瓦などが焼かれ、現在まで続く陶器の製造が始まったというのが信楽焼の祖先を語る有力な説です。(もっと前から、陶器の
製造があったという説もあります)

その後、平安時代後半には、全国で本格的な陶器作りが始まりました。
現在、「日本六古窯」と呼ばれている陶器の街、信楽・瀬戸・常滑・越前・丹波・備前は、このときから陶器生産の中核を成す街として発達してきました。
信楽の土は、鉄分を多く含んでいるため収縮率が大きく、又、粘性があるため、当初、釉薬をかけない焼締めの生活雑器とともに壷や瓶などの大物が多
く焼かれていました。

室町後期の茶の湯全盛期には、有名な茶人たちが信楽焼の素朴な風貌に侘び寂びを見出し、好んで使うようになったため、全国から注目を浴びること
になり、信楽焼は作品としての価値を高めていきました。

江戸時代には茶壷の生産が盛んに、そして、商業の発達に伴い日用雑貨の類が造られるようになりました。現在、信楽焼の代名詞にもなっている「信
楽狸」も登場しました。

明治時代になると釉薬の研究も盛んになってきました。
そして、昭和51年には国から伝統的工芸品として指定され、現在に至っています。
  
   
土からうつわへ
信楽周辺には、古代琵琶湖が作り出した堆積物による地層があり、それが信楽焼、伊賀焼に使われる粘土になっています。
無釉薬の焼締めにこだわる藤本氏は、土は命とおっしゃいます。自らの足で山を歩き、土を採取します。
また、代々続く谷寛窯、古谷浩一さんの陶房では、先代が残していった土なども使われています。
山から掘り出した土、
手を加えて粘土になる前土

各地の土、また、同じところでも地層の層によって土の性質が違います。焼いたらどうなるのかを見るためのサンプルです。
同じ窯で焼いた土の塊です。
土によって、発色、景色が
こんなに違います。

焼きたいもののイメージに合わせ、土を混ぜ合わせて、オリジナルを創る作家さんも多いです。
また、自然の風土は、月日とともに変化します。当然、土も、木も、日々変化します。その変化に合わせた工夫、、
これが最も大変そうな作業です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。.。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
形いろいろ
プロのロクロ作品は、重厚なものでも軽いです。
そして、湯呑などに顕著に現れるのですが、手に微妙な強弱をつけているためか、ラインが単純ではなく、程よい凹凸があって、
持ちやすいのです。愛情と技術が一つ一つの器に現れているという感じでしょうか。

陶器は、アート・芸術という側面と、日用雑貨・使うための道具という側面があります。芸術品なのに、日常で使える。これが、陶器の
醍醐味だと思います。陶芸家は、アーティストであり、職人さんだと言えるでしょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。.。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
窯のいろいろ
信楽の街の窯のある風景、なんともノスタルジックで好きです。

登り窯:現役を引退している登り窯です。
全盛期には、各部屋いっぱいに火鉢を詰め込んで焼いていたそうです。下で薪をくべ、熱を奥の高い部屋へと登らせます。
窯の内側には、ガラス状になった釉薬がびっしり張り付いており、当時の炎の激しさを物語っています。

こちらは窯出し風景。
7日間炎の中にあった作品たち。
火を止めて、一週間かけて熱を冷ましてから、いよいよご対面。
緊張と興奮のひと時です。


穴窯:こちらは、藤本さんの穴窯です。藤本さん作の穴窯です。(誰もつくってくれへんから、自分でつくんねん。ということです)
窯焚き中です。作品と炎の距離にびっくりです。
話には聞いていても、実際にこの炎と器の距離を見るとドキリとしてしまいます。
燃え盛る炎の中に置かれた作品たち。一旦火を入れたらあとは見守るしかない・・。
穴窯一筋の藤本さんは、ヤキモノの面白さはそこにあるとおっしゃいます。
途中で修正が効かない。出来上がってのおたのしみ、、、と。確かに、他のアートには無いことですね。

藤本さんは、窯詰め作業に3日以上を費やします。炎の流れ、灰の飛び方を計算しながら、作品を中につめていく。
この作業が最も難しいのだそうです。

つづく・・・
--------------------------------------------------------------------------------


     Shop  Artist  Shigaraki Link