山本泰三



About Taizo Yamamoto : 山本泰三


山本泰三2007年冬に信楽での個展を拝見。日常の中にスッと溶け込ん
できそうな器たち。独特の色と、さりげない造形が素敵だと感じました。

「渋い雰囲気の器だと言ってくれる人が多いかなぁ。だから、随分なおっ
さんが作ってると思って、顔合わすと驚かれたりしますね」
と、ご本人がおっしゃるとおり、初対面の私にもそんな驚きがありました。
でも、器を手に持つと、一つ一つの器の繊細さと、とてもよく計算された
造形であることが分かります。その印象と、ご本人の印象はうまく重なり
ます。

色と質感が独特の世界を持っている作品たちです。どれも、その色と質
感を出すために、釉薬も土も、何度も何度もいろいろな調合をして試作を
重ね、やっと完成したものたち。
「この錆びたような部分を出すのは、掛ける釉薬の量から出せる技です
か?」
「んーー、そういうものでもないです。すべてのバランスですかねぇ。」

元々は大阪、東京でサラリーマン生活を送っていた山本さん。28歳のと
きに信楽へ引っ越し、陶芸の世界へ入られました。山本さんが惹かれて
いたのは、小川顕三さん。6年師事した後、独立されました。
小川さんの器は、明るく優しい色という印象がある私。山本さんの出発点
が小川氏というのは、意外な感じです。

「んーー、年のせいかなぁ。今はこんな感じが自分の求めるものだけど、
これから何年かしたら、また変ってくるのかもしれないです。」

そうなのですよね。手仕事の器は生き物。今、山本さんの手から出来上
がるこの器は、今の山本さんだから創れるものたちです。